効率的に筋トレをするためには


効率的に筋トレをするための方法として挙げられるのが、基本的にゆっくり筋トレをすることです。ゆっくり筋トレをすることで筋肉に大きな負荷をかけることができます。

例えば簡単にできる筋力トレーニングには腕立て伏せがあります。フィットネスクラブに通わなくても自宅でできるので、日頃から取り組んでいる方もいるのではないでしょうか。普段から腕立て伏せをしている方の中には、速いスピードで腕を伸ばしたり縮めたりしている方も多いでしょう。基本的に筋肉に負荷がかかるのは腕を伸び縮みさせている時です。伸び縮みの時間が少なければ少ないほど筋肉への負荷は少なくなります。この動作をゆっくりと行うことで、より筋肉に負荷をかけて効率的な筋トレを実現することができるでしょう。

筋トレをする時は、3セットやることで効率的に筋力アップができる可能性があります。自分で感じることはありませんが、1セット目は身体の筋肉が自動的にセーブをされます。それは、筋力に負荷をかけ始める時は肉離れなどの可能性が高いからです。このように制限がかかるため、1セット目だけでなく2セット、3セットと行い、制限を徐々に外すことで筋肉をより鍛えられる可能性があるのです。